光通信や光ファーバーの技術

どのようにしてデータが運ばれているのか

光通信は光線を使ってインフォメーションをコミュニケーションする物品です。古くは太古にのろしを使って相手の来襲を伝えたのも初歩的な光線通信といえます。目下の体形の光線通信のアイデヤは1930年代に日本で発案されましたが、その頃は光線ファイバも光源である半導体レーザ、受光器であるフォトダイオードもありませんでしたのでアイデヤでしかありませんでした。

目下の光線通信は光線ファイバを使って光信号を遠くまでコミュニケーションさせますが、ただ光線が届いてもそこらに意義がなければわかりません。電波を使ってインフォメーションをコミュニケーションする場合にモルースサインが役立ったように誓約が所要です。

光線通信ではデジタルサインといわれる手段でサインをコミュニケーションします。デジタルとはサインを数値化するなあです。例えば物音のサイン(アナログサインといいます)をある隔たり(期)で区切ってそのアワーの大きさを数値化するのです。そのところ誓約としてこの期をいくつかにするかを決めておきます。そのを決めておかないとサインを受け取っても旧のインフォメーションに戻すことできません。

次にこの数値化したサインを2進量に変化します。このなあをゼロ進量と対照すると十進法の3は億進量では11、4は100となります。このようにしていくと何二という量を2進量にすると1と0がいっぱい所要になりますので、そのも誓約を作って最悪の継続する単位を8個と決めます。この千個千個をビットといい、8個にまとめた物品をバイトといいます。この1バイトで0から9までの数字とABCの字や目印などを表します。

このようにして1と0を電気の大きさで表します。この電気サインを光線の明滅に対処させます。光線ると1で光線らないと0とします。この取り合わせの光線明滅を半導体レーザ光線の明滅として実現し、光線ファイバでコミュニケーションします。着信側では光線の明滅をフォトダイオートで受けて電気サインに変えます。

光通信が司る未来とは

光線通信では、声(アナログサイン)を電気サインに変え、あれをデジタルの電気サインに変化します。次に半導体レーザを使って光信号にして光線ファイバをコミュニケーションしてフォトダイオードで光信号を電気サインに変えます。このデジタルの電気サインをアナログサインに変えて旧の声に変えることをします。

光線ファイバ通信では非常に光線の明滅を速くするなあができることを運用していっぱいのインフォメーションを千気に送ることができます。声サインですと1秒あたり64kビットでゼロ分です。只今の光線通信では毎週2.5G(ギガ)ビットのサインを送るなあができますので4二人分のテレフォンを繋ぐなあができます。さらに1秒あたり10Gビット、40Gビットのサインを送る技巧が開拓されています。

光ファイバーでは、その光線をケーブルの内部に通すわによってものすごく遠い折のコンピューターともチカチカで交信できます。コンピューターは電気で動いていますから、ダイオードというパーツで電気サインをチカチカに変質して、ケーブルを通してライバルのPCに送り、ライバルのPCはフォトダイオードというパーツでチカチカを旧の電気サインに変えて通信するわけです。

どうして曲がりくねったケーブルの内部を光線が通れるのかというと、ケーブルの内側はミラーのようにすべすべになっているので内部を光線が照り返すしながら先に進んでいくのです。


since2010 © Gluemeat